【ポケモン剣盾】レパルダス育成。ストレスを与える猫さん。

レパルダス。

ちょろい猫おっと失礼チョロネコの進化系ですね。

猫系のポケモンによくありがちな素早いが打たれ弱い特徴を持っていますが、今回はその裏をかいてやや耐久型っぽく作りました。

種族値

HP 64

攻撃 88

防御 50

特攻 88

特防 50

素早さ 106

合計 446

やや低めのステータスでしょうか。物理特殊は好きに選べそうなステータスですね。

本来ならこの素早さと攻撃を活かせば良いのでしょうが、今回は

HP 252 防御252 特防4の努力値振りというお前何考えてんだスタイルでいきたいと思います。笑

特性:いたずらごころ

変化技を先制で打てます。

素早さに努力値を振らないのはこの特性があるからです。

持ち物:くろいてっきゅう

素早さが下がる+じめんタイプの技が当たってしまうこの持ち物。これは事件の予感。笑

技構成

トリック

アンコール

あまえる

じごくづき

くろいてっきゅうをトリックで渡し、パーティを崩していきます。

あくタイプには弱いので立ち廻りに注意しましょう。(いたずらごころ無効)

アンコールとでんじはで悩みましたが今回はアンコールを選びました。

でんじはは読まれやすいかと思ったので。

それではあまり勝ち負けに拘らず戦っていきます。

パルシェン戦。

初戦からこれは良い相手ですね。

まずはトリックでくろいてっきゅうを渡します。

初手のからをやぶるは読めていたのでアンコールで無限からやぶり状態に。笑

流石に引っ込めてきましたがいたずらごころアンコールは本当に強い!!

エースバーン戦。1戦目。

ダイジェット型でしたが初手あまえるにより火力不足状態に!!

一撃では落とされず、再度あまえる。残念ながら急所で落とされてしまいましたが、攻撃ランクが4段階落ちているエースバーンは逆に起点に出来ますね。

エースバーン戦。2戦目。

あまえる戦法もダイナックルを連発されると厳しいです。

くろいてっきゅうを押し付けて退却。

やはりエースバーンは強い。

ガラルサニーゴ戦。

まずはトリックでしんかのきせき回収とくろいてっきゅうを押し付けます。

相手がステルスロックをしてきたのでアンコールで無限ステルスロック状態に。笑

もちろん交代が読めていたのでじごくづきを選択。

まさかのドラパルト交代でラッキーダメージ。

攻撃に振ってないので5割程度のダメージですが。汗

アンコールが猛威を振るいますね!!

最後はインテレオン戦。

トリックできあいのタスキを回収し、見事に使ってやりました。笑

結果的には負けてしまいましたが、くろいてっきゅうを押し付けることで後続のポケモンも立ち廻りやすかったですね。

サクッと使ってみましたがこの猫さん侮れませんね。

他に何か良い使い方があれば教えてほしいものです。

是非一度使ってみては??




コメントを残す