【ポケモン剣盾】色違いヌオー。後出し戦法!




ストーリーのかなり序盤で出てきましたヌオー色違い。

なんか勿体無いし、戦闘用に育成してみました。

結構この色気に入っております。笑

 

 

種族値

HP   95

攻撃 85

防御 85

特攻 65

特防 65

素早 35

平均 71.7

合計 430

 

HPがやや高め。特攻・特防が不安ですかね。

えっ?素早さ?鈍足で可愛らしいのでよしとします。笑

特性:ちょすい

みずタイプの攻撃を受けると最大HPの1/4回復。

ランクバトルでのヌオーは、夢特性の「てんねん」が多いですが今回は野生で出てきましたのでてんねんではありません。逆にそこを活かします

ちなみに「てんねん」は、相手の能力変化の影響を受けないという

積んでもお構いなしの特性です。

 

持ち物:オボンのみ

耐久性を更に上げていきます。その他たべのこし等も有りです。私はレッドカードも使ってみました。

 

 

技構成

あくび (積み型の交換用)

れいとうパンチ 威力75

アクアブレイク 威力127(タイプ一致)

じしん 威力150(タイプ一致)

あくび以外の3つがメインウェポンです。

あくびは相性があまり良くないときに交代させる為に使用します。

れいとうパンチを補助技じこさいせい等に変えるのも有りだと思います!

(でも意外と使いやすかったので私はそのままにしてあります。)

  

Lv100まで上げ、きんのおうかんを使いました。

えぇ、そうです、愛です。笑

努力値は HP252 防御252 残りの4は振ってないかも?汗

後出し物理受けです。

初歩的なアドバイスですがヌオーはくさタイプの技にはかなり弱いので相手の手持ちを確認し、くさタイプ技持ちがいる場合控えのポケモンは優位に戦えるようひこう・ほのおタイプを加えましょう。

それでは戦っていきます。

  

!? メタモン戦。

くそぅ!!マネしやがって!!笑

攻略どころじゃないわっ笑

 

 

だけど特性「ちょすい」が認知されていないようで。

ここは回復させてもらいました。

ほっほっほっほっ。

win.ヌオー

インテレオン戦。

ランクマ中に回線が落ちたので、びびってとりあえずカジュアルマッチ。

ちょすい最強なんじゃないかと思うくらい強い。

後出しちょすいを活かすはずがそのままでも強いね。(笑)

じしんで倒していきました。

win.ヌオー

カジュアルマッチ、ザマゼンタ戦。

伝説のポケモンもちやほやされてお疲れのようなので、眠らせてあげました。(笑)

言わずとも、じしんで倒します。

win.ヌオー

ランクマに戻ります。ナットレイ戦。色違いですね。

あくび→じしんで攻めようと考えましたが、やどりぎのタネを撃たれ、不利に。

不利対面ですので、おすすめしません。

あくび交代等が推奨です。

※補足としてパワーウィップを撃たれることもある為、あくび交代すら厳しい場面もあります。

win.ナットレイ

後出しミミッキュ戦。

あくびで交代させていきます。

つるぎのまい等を積ませない戦い方をしていきましょう!!

win.ミミッキュ

(型によっては勝てる見込み有り、ゴツゴツメットじこさいせい等。)

ヌオー戦。

相手はどういった型かと思えば、どくどくじこさいせい型

負けは確定ですがちょっと粘ったらねっとうを撃ってきてちょすいで回復。

試合では負けたけど、してやった感を一人で味わってました。

win.相手ヌオー (どくどくじこさい型)

お次はバンギラス戦。後出し。

ダイアースのカモにされました。(笑)

こっちのダイアースのほうがタイプ一致で強いもん!!

負けないもん!もんもんもん!!

win.バンギラス

ギルガルドせぶふっ!!

win.ギルガルド

ドラパルト倒されるよりいいかなぁって。(笑)

すまん、ヌオー。

カバルドン戦。

えぇ、ただのあくび合戦になりました。

draw

アクアブレイク後、交代すればよかったね。(笑)

パッチラゴン戦。

でんげきくちばし無効。有利すぎる。

ダイアースで冷静に処理。

ちなみにウオノラゴンのエラがみはちょすいで対処

パッチラゴンのでんげきくちばしはじめんタイプで無効

後出し推奨ですけどね。(笑)

この二体を対処できるのはヌオーだけなのでは・・・

ヌオー・・いやヌ王。(笑)

win.ヌオー

エースバーン戦。

言うことなし!

じめんタイプ技読みでひこうタイプへの交代だけ注意しましょう!!

win.ヌオー

 

 

以上です。

自己満足で育てました。(笑)技構成等もそれなりに雑かもしれません。

未だにドヒドイデが苦手な私。

頑張ろう。(笑)

コメントを残す