【ポケモン剣盾】ファイアロー育成。技構成はこれだ!!

 

ついにファイアロー解禁!!

ランクバトルで解禁されたファイアローを使っていきます!

種族値

HP 78

攻撃 81

防御 71

特攻 74

特防 69

素早 126

 

合計 499

 

高い素早さを活かし、ダイマックスをメインに攻めていきます。

 

努力値・性格

攻撃252 素早さ252 HP4

ようき 特攻↓ 素早さ↑

 

特性・持ち物

特性:はやてのつばさ

HP満タン時、ひこうタイプの技が先制で打てます。

素早さがファイアローより早い相手や、ダイジェットを積まれた時に有利に戦えます。

先制ブレイブバードや先制ダイジェットで大ダメージを狙います。

 

持ち物:いのちのたま

やや物足りない火力を上げていきます。一度技を打つことによって、特性はやてのつばさの恩恵を受けなくなります。

その点は注意しましょう。

 

技構成

ブレイブバード (威力180タイプ一致 反動技)

フレアドライブ (威力180タイプ一致 反動技)

じたばた    (HPが少ないほど高火力)

ちょうはつ   (変化技封印)

 

ブレイブバードやフレアドライブなど反動技の高火力で攻めていきます。

反動+いのちのたまなので生存率はかなり低く長期戦には不向きです。

HPが少なくなりがちなのでじたばたを採用しています。

 

ちょうはつはファイアローの弱点でもあるステルスロックを阻止するために使います。

ほのお・ひこうタイプなので、

ステルスロックでHP半分持っていかれます。汗

 

ちなみに最近増えているカバルドンにこのファイアローでちょうはつをすると、

ほえる無効、ステルスロック無効、あくび無効、じしんはダメージ無しと完全に動きを止めることができます。

 

カバルドンは必ずしもこの技構成というわけでもないので注意した立ち廻りをしましょう。

 

それでは、戦っていきます。

実戦

コバルオン戦。

久しぶりに見ましたね。今回のシーズンから解禁されたようです。

はがね・かくとうタイプのコバルオン。

ほのおタイプの技が刺さりますのでダイマックスで攻めましょう。

 

しかし、コバルオンは物理耐久が高く、ダイバーンでも一撃で倒せません。

努力値の振り方にもよるかもしれませんが基本二撃で倒す立ち廻りをしましょう。

 

コバルオンもステルスロックを使用してきます。

後に引けなくなることも頭に入れておきましょう。

きっちり倒していきます。

win.ファイアロー

 

ルカリオ戦。

この場合は、ダイジェットでいいかもしれません。

 

ちなみに他のパターン。

ルカリオをほとんどの場合きあいのタスキ持ちだと思います。

カウンターには注意しましょう。その他、かみなりパンチ等で弱点を突いてくる可能性があります。

 

引ける場合は地面タイプに変えるのも有りでしょう。

相手がかくとうタイプであることも忘れずに。

 

win.ファイアロー(立ち廻りによっては不利にもなる)

 

その流れでラプラス戦。

こちらもサクッと?倒します。

ダイバーンで相手の水技を半減させながら戦いましょう。

 

キョダイマックスラプラスのキョダイセンリツは今シーズンでも強力です。

しかし、ポケモンが増えた分、対策も増えるはずです。

今のうちにしっかり対策しておくことをお勧めします。

(私はかいでんぱランターンで乗り切っています。)

 

win.ファイアロー

 

リザードン戦。

参考までに。

ステルスロックで半分持っていかれましたファイアローです。

 

これは負けますわ。

ちなみに対面でお互いダイマックスの場合、

素早さで上が取れてればリザードンも倒せる?気がします。笑

 

今回はステルスロックに見事やられました。

win.リザードン(次は勝つわ)

 

ハガネール戦。

ダイバーン急所でも1割強残りますね。タフだわハガネール。

今回は勝ちましたが、いわタイプの技を豊富に覚えるのであまり戦いたくない相手です。汗

 

win.ファイアロー(ストーンエッジ注意)

 

出てきましたウーラオス戦。

ダイジェットで問題なく倒せます。(二撃)

一撃の型ではなく、連撃の型の場合まずかったかも?

 

いや、ウーラオスはどちらも強いので、どちらでも油断禁物ですね。

 

win.ファイアロー

 

アシレーヌ戦。

この子は無理です。汗

ダイバーンでみず技を半減させながら戦いますがどうにもなりません。

やはりみずタイプにはかないませんね。笑

 

最近みがわりを貫通するうたかたのアリアはホントに強いなって感じます。

余談でした。

win.アシレーヌ

 

まとめ

はやてのつばさのおかげ?で初手ダイジェットからの高火力高スピードでドンドンなぎ倒すような戦い方となりましたね。

 

ただダイマックスを気にするあまり、後者の戦いがきつくなる戦闘が何度かありました。

初手からドンドン攻めるのもありですが、後の事も考えないと、

「あれ、逆転されてる!?」なんてことになりますからファイアローを使う際は注意しましょう。

 

それでは!!




コメントを残す